独立アドボカシー研究会丨アドボカシー活動

独立アドボカシー研究会Independent Advocacy research Project

子ども情報研究センターは、子どもの権利に関する研究活動を行っています。会員から研究テーマを募り、研究テーマごとに「研究プロジェクト」を組織して研究を行う体制をとっています。現在は「独立アドボカシー研究プロジェクト」の下に二つの活動を行っています。

中心メンバー
代表 堀 正嗣(熊本学園大学)
構成員 子ども情報研究センタースタッフ:
内山洋子・奥村仁美・工藤みゆき・布原義規・橋本暢子・藤井浩子・眞壁極志・山崎香子・山下裕子
Children’s Views and Voices(CVV): 中村みどり
自立生活センターあるる: 鈴木千春
研究者:
栄留里美(大分大学)・ 鳥海直美(四天王寺大学)・農野寛治(大阪大谷大学)・吉池毅志(大阪人間科学大学)
謝辞

本研究は、(公)三菱財団・ソーシャルジャスティスファンド科研費B(研究代表者:堀正嗣)・私学共済研究・科研費C (研究代表者:栄留里美)の助成金により運用されています。

「都道府県児童福祉審議会を活用した権利擁護の仕組み」検討委員会

厚生労働省「平成29年度 子ども・子育て支援推進調査研究事業」の公募が行われ、調査研究課題番号9「都道府県児童福祉審議会を活用した権利擁護の仕組み」に子ども情報研究センターが応募し、9月15日付で採択通知を受け取った。この研究事業を推進するために、10月より本検討委員会を設置した。

3.平成29 年度子ども・子育て支援推進調査研究事業研究課題9 「都道府県児童福祉審議会を活用した子どもの権利擁護の仕組み」調査研究報告書