ファミリー子育て何でもダイヤルFamily Parenting Dial

電話をかけてくれたあなたと、
ともに歩みたい

子どものこと、家庭のこと、自分自身のこと、どんなことでも話せる電話です。研修を積んだ市民スタッフがあなたの声を聴きます。

ファミリー子育てなんでもダイヤルとは?

少子化や児童虐待等が社会問題化するなかで、子育て支援がにわかに脚光をあびてきています。けれども、私たちは、自分自身の課題として「子育て支援」(子育ての協働化)に取り組んできました。母親である「わたし」もその他の「わたし」も含めてまるごとの自分自身を大事にしたい。自分の人生を誰かに決めつけられたり、抑えつけられたりしたくはないのです。「わたし」の人生の主人公は「わたし」であることを認めてほしいし、同時に、子どもや夫も自分の人生の主人公であってほしい。
こうした自分への自信・納得は、自分を受け入れ、わからないとき、助けてほしいときに支えてくれる関係・つながりがあってはじめて湧いてくるものだと思います。「ファミリー子育て何でもダイヤル」はそんなつながりのひとつでありたいのです。

電話をかけてきてくださる方々といっしょに考え込み、泣き、笑う関係を通して、受話器の向こう側で、少しほっとした気配、少し元気が出た気配が感じられると、私たちもほっとし、元気になるのです。

受話器の向こう側の人生にふれること、それは私たちにとっても大切な出会いであり、お互いの生活を切り拓いていく力になりあえたらと願っています。

最初のひとこと「はい、ファミリー子育て何でもダイヤルです」に、あなたとの出会いを大切にしたいという気持ちをこめて。
(はらっぱ叢書2『あなたの声が聴きたくて』(子ども情報研究センター編著 明石書店より)

話す

ご相談はこちらから

受付:水曜日(祝日・年末年始は休み)10時30分~20時

Tel06-6585-9287

活動に参加する

電話の受け手になる

受け手になるには年に一度開催の養成講座を受講する必要があります。
講座のご案内を希望される方はお問い合わせフォームからご連絡ください。

お問い合わせ
相談にもどる